制度的企業家

桑田耕太郎, 松嶋登, 高橋勅徳 編

制度派組織論の最新の成果にもとづく、新しい企業家像の構築の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 背景(制度的企業家のディスコース-「埋め込まれたエージェンシーのパラドクス」の超越
  • 反省する制度派組織論の行方-制度的企業家から制度ロジックへ)
  • 第2部 制度的企業家の理論的基礎(イノベーションを創出する制度のはたらき-シャープの緊急プロジェクトを作動させる官僚制
  • 制度的同型化を通じた戦略的リアクション-携帯電話産業における標準にもとづいた異種混合の競争(1979〜2010年)
  • 言語的統制としての制度的リーダーシップ-組織目標に触発された利害を調整する臨界的決定
  • 新制度派組織論と新制度派経済学の葛藤を超えて-系列取引における効率性の追求を通じた歴史的変遷
  • 制度としての組織ルーティンのデザイン-航空機整備マニュアルにもとづいた遂行的実践と指図的デザイン)
  • 第3部 制度的企業家の展開(イノベーションの源泉としての正当化-育児支援・介護業界の事業創造プロセスにみる行為遂行性の類型
  • 制度的戦略のダイナミズム-オンライン証券業界における企業間競争と市場の創発
  • 組織フィールドとしての産業クラスター-制度に利害を見出した人々が形成した扇町クリエイティブ・クラスター
  • 制度に埋め込まれた企業家のネットワーキング-イーブイ愛知のコンバージョンEV事業で結ばれた地域の中小事業者
  • イノベーションの闘争モデル-生き残りをかけて進化する大学発ベンチャー)
  • 第4部 制度的企業家の方法論(なぜ法規制はベンチャー企業の制度的障壁になるのか-行為戦略の観察による制度分析の可能性
  • 言説間の(再)接続と切断としての制度化-フリーランス研究における騎士・従僕・英雄言説
  • 企業家語りに潜むビッグ・ストーリー-企業家を演じる経営者のナラティブ・アプローチ
  • 制度と実践の学としての経営学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 制度的企業家
著作者等 松嶋 登
桑田 耕太郎
高橋 勅徳
書名ヨミ セイドテキ キギョウカ
書名別名 Institutional Entrepreneurship
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2015.4
ページ数 442p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7795-0952-0
NCID BB18500660
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22604594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想