ニュルンベルク裁判

アンネッテ・ヴァインケ 著 ; 板橋拓己 訳

ナチ・ドイツによる第2次世界大戦中の戦争犯罪を裁いたニュルンベルク裁判。主要犯罪人24名を扱った国際軍事法廷、医師・親衛隊員・高級官僚ら185名を扱った12の継続裁判で構成され、終戦後、半年を経て始まった。法廷では、ホロコーストを始めナチの悪行が明らかにされ、「平和に対する罪」「人道に対する罪」など新しい罪の規定が話題を呼ぶ。本書は、東京裁判のモデルとなった史上初の大規模な戦争犯罪裁判の全貌を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 米英ソ、連合国内での議論-主要戦争犯罪人の"処置"(チャーチルの「アウトロー」計画
  • スターリンの豹変 ほか)
  • 第2章 国際軍事法廷(IMT)-24人の主要戦争犯罪人への処断(国際軍事法廷設置の合意
  • 連合四ヵ国代表団のメンバー ほか)
  • 第3章 12の継続裁判-「第三帝国」エリートたちへの裁き(アメリカ単独の管轄
  • テイラー首席検察官の意図 ほか)
  • 第4章 戦後ドイツへの影響-東西の相違と政治文化の転換(集団的罪責をめぐる批判
  • キリスト教会からの批判 ほか)
  • 終章 「ニュルンベルク」から「ハーグ」へ?(「ニュルンベルク原則」の確立
  • ジェノサイド条約 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニュルンベルク裁判
著作者等 Weinke, Annette
板橋 拓己
ヴァインケ アンネッテ
書名ヨミ ニュルンベルク サイバン : ナチ ドイツ ワ ドノヨウニ サバカレタ ノカ
書名別名 DIE NÜRNBERGER PROZESSE

ナチ・ドイツはどのように裁かれたのか
シリーズ名 中公新書 2313
出版元 中央公論新社
刊行年月 2015.4
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102313-1
NCID BB18489896
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22564476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想