江戸日本の転換点

武井弘一 著

なぜ水田を中心にした社会は行き詰まったのか。老農の証言から浮かび上がる歴史の深層。米づくりは持続可能だったのか?新田開発は社会を豊かにする一方で農業に深刻な矛盾を生み出した。エコでも循環型でもなかった"江戸時代"をリアルに描き出す力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 江戸日本の持続可能性
  • 第1章 コメを中心とした社会のしくみ
  • 第2章 ヒトは水田から何を得ていたか
  • 第3章 ヒトと生態系との調和を問う
  • 第4章 資源としての藁・糠・籾
  • 第5章 持続困難だった農業生産
  • 第6章 水田リスク社会の幕開け
  • 終章 水田リスクのその後と本書の総括

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸日本の転換点
著作者等 武井 弘一
書名ヨミ エド ニホン ノ テンカンテン : スイデン ノ ゲキゾウ ワ ナニ オ モタラシタカ
書名別名 水田の激増は何をもたらしたか

Edo nihon no tenkanten
シリーズ名 NHKブックス 1230
出版元 NHK
刊行年月 2015.4
ページ数 276p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091230-0
NCID BB1848974X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22655365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想