地球とヒトと微生物

山中健生 著

ヒトが生きていく上で欠かせないもの、それが微生物。肉眼では見えない小さな生き物が、地球という大きなものに多大なる影響を与えている。微生物と地球の関係とは?それがヒトの生活にどう関わっているのか?そういう関係を追求するのが「生物地球化学」。「生物地球化学」を通じて、微生物を介した地球とヒトの相互作用を見てみよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 微生物とは何か
  • 第2章 シトクロム
  • 第3章 自然界における窒素の循環と細菌たち
  • 第4章 自然界における硫黄の循環と細菌たち
  • 第5章 細菌による鉄の酸化と還元
  • 第6章 炭素の循環と微生物
  • 第7章 地球のマグマ活動と古細菌
  • 第8章 生命の起源当時の生物は何を食べていたか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地球とヒトと微生物
著作者等 山中 健生
書名ヨミ チキュウ ト ヒト ト ビセイブツ : ミジカ デ シラナイ オドロキ ノ カンケイ
書名別名 身近で知らない驚きの関係
シリーズ名 知りたい!サイエンス 131
出版元 技術評論社
刊行年月 2015.5
ページ数 271p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-7310-8
NCID BB18486854
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22578697
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想