現象学の展開

金子淳人 著

[目次]

  • 「現象学」の立場とは、どういうことか?-「言語行為」的「合理性」、そして、"事実"(「事実性」)という根拠、に向けて
  • 第1部 フッサールの「生活世界」の立場とは、どのようなことなのか?-「実践」、とりわけ「言語行為」が、問われるとは、どういうことなのか?(「言語行為」の主題化に向けて
  • 「現象学」へのアドルノの批判をめぐって-「間主体性(間主観性)」と「生活世界」 ほか)
  • 第2部 「言語行為」論への問い(「言語行為」の主題化と、「社会」哲学
  • 「言語行為」論の、展開と、それへの批判その1-オースティンへの問い ほか)
  • 第3部 "事実"(「事実性」)への問い("事実"(「事実性」)に基づく「客観性」
  • 「歴史」における「真実」とは何か?-「歴史記述」と「事実」(「事実性」))
  • 現象学の"展開"としての、「言語行為」的「合理性」、そして、"事実"(「事実性」)の主題化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現象学の展開
著作者等 金子 淳人
書名ヨミ ゲンショウガク ノ テンカイ : ゲンゴ コウイ ト ジジツ
書名別名 Die Entwicklung der Phänomenologie

Die Entwicklung der Phänomenologie : 「言語行為」と〈事実〉

Genshogaku no tenkai
出版元 世界書院
刊行年月 2015.3
ページ数 656,9p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7927-9564-1
NCID BB18484178
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22642137
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想