面接技術の習得法

木村宏之 著

臨床において「面接」というのはとても重要な要素であるが、患者との治療関係に行き詰まったとき、どのような対応をしたらよいか、というのを教わる場というのは案外少ない。本書は、そんな困った状況に答えるために、著者が2008年から開いている精神療法の基礎セミナーをまとめたものである。「面接技法の基本を学ぶ」ということに重点を置き、できるだけ専門用語を使わずに、具体的に考えていく。困難に直面したとき、少しでも役に立つヒントがこの本には詰まっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 患者に会う前に
  • 初めて会う
  • 聴く・分かる・問う
  • 面接の終わり
  • 副作用
  • 沈黙
  • 贈答
  • 救急医
  • 身体疾患患者
  • 行き詰まり
  • 研究

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 面接技術の習得法
著作者等 木村 宏之
書名ヨミ メンセツ ギジュツ ノ シュウトクホウ : カンジャ ニ トッテ リョウシツ ナ メンセツ トワ
書名別名 患者にとって良質な面接とは?

Mensetsu gijutsu no shutokuho
出版元 金剛
刊行年月 2015.4
ページ数 193p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7724-1423-4
NCID BB18481500
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22575160
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想