民俗表象の現在

国立歴史民俗博物館, 重信幸彦, 小池淳一 編

[目次]

  • はじめに-国立歴史民俗博物館民俗展示の構想と射程
  • 「現在」を展示することの意義と課題-「アイヌ民族の伝統と現在」から
  • 商品化される「民俗文化」-「現代の観光とおみやげ」から
  • 現代社会と儀礼の生成-「行事食の変化」から
  • 衛生観と身体観の変遷-「現代の家族像」から
  • 総合討論
  • おわりに-現代の暮らしを展示すること

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民俗表象の現在
著作者等 国立歴史民俗博物館
小池 淳一
重信 幸彦
書名ヨミ ミンゾク ヒョウショウ ノ ゲンザイ : ハクブツカンガタ ケンキュウ トウゴウ ノ シザ カラ
書名別名 博物館型研究統合の視座から
シリーズ名 歴博フォーラム民俗展示の新構築
出版元 岩田書院
刊行年月 2015.3
ページ数 187p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87294-909-4
NCID BB18475960
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22561050
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想