出生前診断

河合蘭 著

70年代に始まり、次々に登場する胎児診断技術。黎明期から最先端事情まで、取材で浮かび上がる出生前診断の「全容」。晩産化が進み、産科医療も進歩するなかで、多くの女性たちが重い問いに対峙し、葛藤している。体験者の生の声、医療者の賛否両論に日本で唯一人の出産ジャーナリストが迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 動き出した次世代の検査
  • 第2章 女性たちの出生前診断体験
  • 第3章 「羊水検査」で出生前診断は始まった-ある医師の語りを中心に
  • 第4章 1990年代「母体血清マーカー検査」をめぐる混乱
  • 第5章 超音波検査とグローバリゼーションの波
  • 第6章 これからの出生前診断

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 出生前診断
著作者等 河合 蘭
書名ヨミ シュッショウマエ シンダン : シュッサン ジャーナリスト ガ ミツメタ ゲンジョウ ト ミライ
書名別名 出産ジャーナリストが見つめた現状と未来

Shusshomae shindan
シリーズ名 朝日新書 512
出版元 朝日新聞
刊行年月 2015.4
ページ数 301p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273612-3
NCID BB18475213
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22578023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想