第二のデモクラテス

セプールベダ 著 ; 染田秀藤 訳

インディオに対する征服戦争は正当である-。ラス・カサス最大の論敵が披瀝する、征服戦争是認論の精髄。布教への途を掃ききよめ、"文明"を持ちこむための戦争は正当であるとする彼の主張を支えたのは、インディオを憎悪・蔑視する同時代の新世界植民者の眼差しであり、先天的奴隷の存在を認めるアリストテレスの理論であった。果たして、征服戦争は是か非か?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アポロギア(フワン・ヒネース・デ・セプールベダが高名にして博学なセゴビア司教アントニオ・ラミレスの異論に答えて、戦争の正当原因を論じた自著を弁護する書
  • 第一部
  • 第二部)
  • 第二のデモクラテス-戦争の正当原因についての対話(いと賢明なる貴顕テンディーリャ伯爵兼モンデハル侯爵であられるルイス・デ・メンドサ殿に捧げる献詞
  • 第一部
  • 第二部)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 第二のデモクラテス
著作者等 Sepúlveda, Juan Ginés de
染田 秀藤
セプールベダ
書名ヨミ ダイニ ノ デモクラテス : センソウ ノ セイトウ ゲンイン ニ ツイテ ノ タイワ
書名別名 APOLOGIA IOANNIS GENESSI SEPVLVEDAE PRO LIBRO DE IVSTIS BELLI CAVSIS

IOANNIS GENESII SEPVLVEDAE ARTIVM,ET SACRAE THEOLOGIAE DOCTORIS DIALOGUS,QUI INSCRIBITUR DEMOCRATES SECUNDUS DE IUSTIS BELLI CAUSIS

戦争の正当原因についての対話

Daini no demokuratesu
シリーズ名 岩波文庫 33-497-1
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.4
ページ数 309p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-334971-7
NCID BB18448935
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22566323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想