ハトはなぜ首を振って歩くのか

藤田祐樹 著

気がつけばハトはいつでもどこでも、首を振って歩いている。あの動きは何なのか。なぜ、1歩に1回なのか。なぜ、ハトは振るのにカモは振らないのか…?冗談のようで奥が深い首振りの謎に徹底的に迫る、世界初の首振り本。おなじみの鳥たちのほか、同じ二足歩行の恐竜やヒトまで登場。生きものたちの動きの妙を、心ゆくまで味わう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 動くことは生きること(動くとは、どういうことか
  • 死なないために動く ほか)
  • 2 ヒトが歩く、鳥が歩く(鳥とヒトの二足歩行
  • 歩くことと走ること ほか)
  • 3 ハトはなぜ首を振るのか?(首振りに心奪われた人々
  • 頭を静止させる鳥たち ほか)
  • 4 カモはなぜ首を振らないのか?(体のつくりがちがう?
  • まわりが見えてないカモ? ほか)
  • 5 首を振らずにどこを振る(ホッピング時に首は振るの?
  • 首を振らないチドリの採食 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハトはなぜ首を振って歩くのか
著作者等 藤田 祐樹
書名ヨミ ハト ワ ナゼ クビ オ フッテ アルク ノカ
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 237
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.4
ページ数 115,3p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029637-3
NCID BB18436550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22586349
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想