やまと言葉で〈日本〉を思想する

竹内整一 著

「日本語の哲学」の可能性を求めて、「おのずから」と「みずから」の「あわい」という斬新な視点から、やまと言葉の思索を通して、日本人の思想と感情を究明する画期的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 願い、祈り、悲しむのは誰のことか-「ねがう」「いのる」「かなしむ」「いのち」「やさしい」
  • 2 「魂にふれる」ということ-「たましい」「ふれる」「ふる」「つきぬける」
  • 3 「わが心慰めかねつ」の思想構造-「なぐさむ」「しずめる」「すむ」「なりつく」「鎮魂・慰霊」
  • 4 「花びらは散る 花は散らない」、再々論-「いたむ」「とむらう」「死者・生者」「大いなる「いのち」」
  • 5 「さびしさ」と日本文化-「さびしい」「かなしい」「はかない」「幽玄」「なまめかしい」「かわいい」
  • 6 日本語で「哲学」するということ-「日本語」「哲学」「思想」「かんがえる」「カタカナ用語」「擬音・擬声語」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 やまと言葉で〈日本〉を思想する
著作者等 竹内 整一
書名ヨミ ヤマト コトバ デ ニホン オ シソウ スル
書名別名 Yamato kotoba de nihon o shiso suru
出版元 春秋社
刊行年月 2015.3
ページ数 211p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-31300-8
NCID BB18430521
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22564337
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想