管理栄養士養成課程におけるモデルコアカリキュラム準拠  第2巻

日本栄養改善学会 監修

[目次]

  • 1 食事調査法(食事調査の意義と目的
  • 食事調査の種類、方法、特徴(長所、短所)
  • 食事調査法の基本技術と食事・健康状態の把握
  • 食事調査法の妥当性と精度)
  • 2 食事摂取基準の基本的考え方(木戸康博)(食事摂取基準が策定された経緯
  • 食事摂取基準の基本的な考え方
  • 食事摂取基準の各指標の定義、策定プロセス)
  • 3 食事摂取基準の科学的根拠(エネルギー必要量
  • 推定平均必要量
  • 推奨量
  • 目安量
  • 耐用上限量
  • 目標量)
  • 4 食事摂取基準の活用理論(食事摂取基準の各指標の活用方法
  • 対象や状況別に食事摂取基準を具体的に活用
  • 食事摂取基準と栄養成分表示の関連)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 管理栄養士養成課程におけるモデルコアカリキュラム準拠
著作者等 日本栄養改善学会
木戸 康博
鈴木 公
書名ヨミ カンリ エイヨウシ ヨウセイ カテイ ニ オケル モデル コア カリキュラム ジュンキョ
書名別名 食事摂取基準 : 理論と活用
巻冊次 第2巻
出版元 医歯薬
刊行年月 2015.3
版表示 第2版
ページ数 126p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-263-70993-1
NCID BB18429169
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22545673
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
食事摂取基準 : 理論と活用 木戸康博, 鈴木公
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想