愉しみながら死んでいく

ニール・ポストマン 著 ; 今井幹晴 訳

「では…次に」深刻なニュースも、ゴシップネタも同列に「愉しい」ものにしてしまうTVは視聴者の思考力をどう変えたか!?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(情報媒体は譬えである
  • 認識機能としての情報媒体
  • 活版印刷の国アメリカ
  • 活版印刷の精神
  • いない、いない、ばあの世界)
  • 第2部(ショー・ビジネスの時代
  • 「では…次に」
  • ショー・ビジネスとしての宗教
  • 「手を伸ばそう、誰かを選ぼう」
  • 愉しい教育?
  • ハクスリーの警告)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 愉しみながら死んでいく
著作者等 Postman, Neil
今井 幹晴
ポストマン ニール
書名ヨミ タノシミナガラ シンデ イク : シコウ テイシ オ モタラス テレビ ノ キョウフ
書名別名 AMUSING OURSELVES TO DEATH

思考停止をもたらすテレビの恐怖
出版元 三一書房
刊行年月 2015.1
ページ数 319p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-380-14005-1
NCID BB18425598
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22533193
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想