中世真言僧の言説と歴史認識

佐藤愛弓 著

[目次]

  • 第1部 総説(王朝を懐古するということ
  • "王朝なるもの"を描くこと-その政治性 ほか)
  • 第2部 慈尊院栄海の活動と言説(慈尊院栄海評伝-その活動と著述
  • 栄海と鎌倉幕府-『具支日記応長元年五月』を中心として ほか)
  • 第3部 寺院における言説とその機能(慈尊院栄海における政治と言説
  • 鳥羽宝蔵と勧修寺流 ほか)
  • 第4部 慈尊院栄海の著作世界(『真言伝』からの問題提起
  • 『真言伝』の文献学的研究-附 三本対校『真言伝』(弘法大師伝) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世真言僧の言説と歴史認識
著作者等 佐藤 愛弓
書名ヨミ チュウセイ シンゴンソウ ノ ゲンセツ ト レキシ ニンシキ
出版元 勉誠
刊行年月 2015.2
ページ数 677,18p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-585-21027-6
NCID BB18420980
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22563436
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想