現代の事例から学ぶサイエンスコミュニケーション

ジョン・K・ギルバート, スーザン・ストックルマイヤー 編著 ; 小川義和, 加納圭, 常見俊直 監訳

科学技術と社会とのあいだのさまざまなコミュニケーションを現代の実例を通して学ぶ、サイエンスコミュニケーションの教科書。テーマとして、学術研究、公共政策、科学教育、倫理、リスク、気候変動、公衆衛生、宗教などを取り上げ、全17章の中でメディア、公聴会、講演会、授業、博物館、ウェブなどの多様な場面におけるコミュニけーションの成功または失敗の事例を紹介する。各章においては、豊富な文献に加えて練習問題や研究課題を設けている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 サイエンスコミュニケーションのモデル-理論から実践へ(サイエンスコミュニケーションの「デザインアプローチ」にむけて
  • 科学との対話-サイエンスコミュニケーションのモデル)
  • 第2部 科学のコミュニケーションにおける挑戦(科学者による市民との対話
  • 公共政策における科学技術の役割-知識は何のために
  • 科学技術に反対する市民とともに)
  • 第3部 サイエンスコミュニケーションの主要テーマ(リスクの意味をめぐるコミュニケーション
  • サイエンスコミュニケーションにおける定量リテラシー
  • 科学技術における倫理と説明責任
  • 信念と証拠の価値)
  • 第4部 インフォーマル学習(サイエンスコミュニケーションにおける学びを助ける
  • サイエンスコミュニケーションと科学教育
  • 科学系博物館における科学技術コミュニケーションの実践)
  • 第5部 科学と社会のあいだの現代的課題でのコミュニケーション(地球規模の気候変動を伝える-論点とジレンマ
  • 危機的状況下におけるサイエンスコミュニケーション-重症急性呼吸器症候群(SARS)の事例から
  • サスティナビリティのためのコミュニケーションの挑戦
  • 21世紀における地域固有の知識体系の価値
  • サイエンスコミュニケーション-人類の帰結)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代の事例から学ぶサイエンスコミュニケーション
著作者等 Cheng, Maurice M. W.
Corbett, Julia B.
Dillon, Justin
Gilbert, John
Gilbert, John K
Grant, Will J.
Lamberts, Rod
Lee, Arthur M. S.
Lee, Yeung Chung
Mok, Ida Ah Chee
Orthia, Lindy
Perera, Sean
Reiss, Michael J.
Rennie, Léonie J.
Searle, Suzette D.
Seleti, Yonah
Stocklmayer, Sue
Stocklmayer, Susan
Trumbo, Craig
Wong, Ka Lok
加納 圭
小川 正賢
小川 義和
常見 俊直
Bryant Chris
Hobson Marie
ストックルマイヤー スーザン
工藤 充
ギルバート ジョン・K.
書名ヨミ ゲンダイ ノ ジレイ カラ マナブ サイエンス コミュニケーション : カガク ギジュツ ト シャカイ トノ カカワリ ソノ カダイ ト ジレンマ
書名別名 Communication and Engagement with Science and Technology

科学技術と社会とのかかわり,その課題とジレンマ
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2015.4
ページ数 331p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7664-2203-0
NCID BB18419609
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22572726
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
21世紀における地域固有の知識体系の価値 ヨナ・セレティ, 吉田実久
サイエンスコミュニケーション クリス・ブライアント, 川本思心
サイエンスコミュニケーションと科学教育 ショーン・ペレラ, スーザン・ストックルマイヤー, 都築章子
サイエンスコミュニケーションにおける学びを助ける ジョン・K.ギルバート, 都築章子, ジョン・K・ギルバート
サイエンスコミュニケーションにおける定量リテラシー モーリス・M.W.チェン ほか, 常見 俊直
サイエンスコミュニケーションの「デザインアプローチ」にむけて 工藤充, 小川 正賢
サスティナビリティのためのコミュニケーションの挑戦 ジュリア・B.コベット, 東島仁, ジュリア・B・コベット
リスクの意味をめぐるコミュニケーション クレイグ・トロンボ, 田中幹人
信念と証拠の価値 マイケル・J.リース, 北原和夫, マイケル・J・リース
公共政策における科学技術の役割 ウィル・J.グラント, 仲矢史雄
危機的状況下におけるサイエンスコミュニケーション イウン・チュン・リー, 標葉隆馬
地球規模の気候変動を伝える ジャスティン・ディロン, マリー・ホブソン, 西森年寿
科学との対話 スーザン・ストックルマイヤー, 常見 俊直
科学技術における倫理と説明責任 ロッド・ランバーツ, 赤坂亮太
科学技術に反対する市民とともに リンディ・A.オルティア, 高梨直紘, リンディ・A・オルティア
科学系博物館における科学技術コミュニケーションの実践 レオニー・J.レニー, 渡辺千秋, レオニー・J・レニー
科学者による市民との対話 スゼット・D.サール, スゼット・D・サール, 加納 圭
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想