出産施設はなぜ疲弊したのか

中山まき子 著

出産施設の連鎖的疲弊に大きな役回りを演じた、日母、内部資料に基づき、その半世紀の盛衰を徹底的に解明する!助産所、診療所、病院は、厚生政策や世論に規制されながら、職域をめぐるパワーポリティクスの中で次々と衰退した。一方、今日展開されている集約化・重点化政策で肥大化する大病院にも新たな歪みが生じている。医師側のヘゲモニーによりもたらされたこの変遷には、ユーザー・妊産婦の立場がどれほど配慮されてきたというのであろうか?三つの施設の歴史を縦糸に、そのポリティクスを横糸に全体像を織り上げる労作!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 出産をとりまく様々な環境
  • 第1部 診療所と日母産科看護学院の半世紀(日母産科看護学院の分析と先行研究
  • 日母産科看護学院の半世紀
  • 日母産科看護学院の隆盛・衰退)
  • 第2部 助産所・病院の疲弊と厚労省政策(助産所の疲弊と医療法第5次改定の経緯
  • 日本医師会の「医師臨床研修制度」導入と日本産科婦人科学会の「医療提供体制検討委員会」設置
  • 厚生労働省の出産に関わる諸政策)
  • 出産施設はなぜ疲弊したのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 出産施設はなぜ疲弊したのか
著作者等 中山 まき子
書名ヨミ シュッサン シセツ ワ ナゼ ヒヘイ シタ ノカ : ニチボ サンカ カンゴ ガクイン イリョウホウ カイテイ コウセイ ショセイサク ノ アユミ
書名別名 日母産科看護学院・医療法改定・厚生諸政策のあゆみ
出版元 日本評論社
刊行年月 2015.3
ページ数 411p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-535-58664-2
NCID BB18417986
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22570768
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想