メディアは環境問題をどう伝えてきたのか

関谷直也, 瀬川至朗 編著

環境問題に対して、メディアの果たす役割は極めて大きいにもかかわらず、その実態について整理・分析した研究は少ない。本書は、そのような状況に鑑み、環境問題とメディアの関係について、様々な角度から検討を加える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 環境メディアの理論と歴史(環境メディア研究の周縁とメディア・アジェンダ
  • 公害問題とジャーナリズム-1970年の意味
  • 地球環境問題とジャーナリズム-客観・バランス報道は何をもたらすのか
  • 3.11後の環境ジャーナリズム-地球温暖化報道はなぜ後退したのか
  • 放射性物質汚染とジャーナリズム)
  • 第2部 各種の環境問題とメディア(「輸入された」地球温暖化問題-社会的な構築過程に見る外からの影響
  • 地球温暖化へのメディア・アテンション-科学より重視される政治
  • 環境NGOとメディア-気候変動法の制定過程におけるFoE UKのコミュニケーション戦略
  • 気候変動におけるメディアと政策のはざま-ガバナンスの視座から再考するメディア言説の政治性
  • COP10・生物多様性の報道を振り返る-「地球生きもの会議」の不都合な真実)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディアは環境問題をどう伝えてきたのか
著作者等 瀬川 至朗
関谷 直也
香坂 玲
朝山 慎一郎
齋藤 さやか
永井 健太郎
書名ヨミ メディア ワ カンキョウ モンダイ オ ドウ ツタエテ キタ ノカ : コウガイ チキュウ オンダンカ セイブツ タヨウセイ
書名別名 公害・地球温暖化・生物多様性

Media wa kankyo mondai o do tsutaete kita noka
シリーズ名 早稲田大学現代政治経済研究所研究叢書 / 早稲田大学現代政治経済研究所 企画・監修 40
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2015.4
ページ数 324p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-07363-4
NCID BB18415346
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22573383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想