日本人は日本をどうみてきたか

田中優子 編

鍵となるのは中国の華夷秩序に影響を受けた蝦夷・琉球・異国をはじめとする外部への姿勢と、内部に存在する「和」「武」「神国」という異なる側面の共存。近代ナショナリズムへつながる思想も出現した、江戸時代を中心に、言説の全体像に迫る!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「自国」を誰が/どの範囲で捉えるか?(「夷」の国の学問-漢学と国学
  • 人びとにとっての近世日本のかたち ほか)
  • 2 「和の国」イメージの普及(やわらかな好色の国・日本、という自己像
  • 日本の春画・艶本にみる「和合」)
  • 3 「武の国」-願望のゆくえ(近松の浄瑠璃に描かれた「武の国」日本
  • 曲亭馬琴の「武国」意識と日本魂 ほか)
  • 4 「神の国」-近代をつくった自国認識の登場(浄瑠璃にみる神道思想
  • 平賀源内の自国意識 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人は日本をどうみてきたか
著作者等 田中 優子
書名ヨミ ニホンジン ワ ニホン オ ドウ ミテキタカ : エド カラ ミル ジイシキ ノ ヘンセン
書名別名 江戸から見る自意識の変遷

Nihonjin wa nihon o do mitekitaka
出版元 笠間書院
刊行年月 2015.2
ページ数 247p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-305-70769-7
NCID BB18406629
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22552293
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想