急変アセスメント

佐藤憲明 編著

「アセスメントポイントシート」で、病棟でよく遭遇する主要9症状のアセスメントと初期対応のながれがイメージできる。26のケースから「何をどう見て判断するか」、情報収集の視点とアセスメントのコツがしっかりつかめる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 急変を「見抜く」のは、なぜ難しい?(エキスパートの経験からみた急変アセスメントの原則
  • 症状別・アセスメントポイントシート)
  • 2 事例から学ぶ急変の見抜き方・防ぎ方(発熱とショック関係を見抜きたい!
  • 体温上昇="発熱"と思い込まない!
  • 大動脈解離の"思わぬ"症状を見抜きたい!
  • 大動脈解離での状態変化はDVT(深部静脈血栓)の影響も疑いたい!
  • 低血糖と麻痺・しびれ症状の違いを見抜きたい!
  • 消化管出血と脳出血の関連を見抜きたい! ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 急変アセスメント
著作者等 佐藤 憲明
書名ヨミ キュウヘン アセスメント : ナニカ ヘン オ ミノガサナイ : オール カラー
書名別名 「何か変?」を見逃さない! : オールカラー

Kyuhen asesumento
出版元 照林社
刊行年月 2015.3
ページ数 203p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7965-2348-6
NCID BB18397630
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22570719
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想