経済学的にありえない。

佐々木一寿 著

ハズレ映画を、最後まで観てしまう-サンクコスト、市販品のカレーをレシピ通りにしか作らない-保有効果、仕事でミスした後、強気で挽回をはかる-ブレークイーブン効果、「憎めない人」の評価は14倍以上、甘くなる。古典からピケティまで、ビジネスと人生に役立つ経済学。身近な話題を取っかかりに、いまの経済学のエッセンスをやさしく紹介!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 学生はバイトすべきか勉強すべきか-機会費用と会計
  • 量販店の"ポイント"はおカネと言えるか-ミクロ経済学、マクロ経済学、貨幣論、金融論、会計学
  • 市場はどのぐらい"おっちょこちょい"か-経済物理学、行動経済学、ファイナンス理論
  • 「人は見た目が9割」は本当か-行動経済学、社会心理学(初頭効果、アンカーリングなど)
  • 「気になる人」は、なぜ気になってしまうのか-神経経済学、行動経済学(フィードバック効果、保有効果など)
  • 負けの込んだギャンブラーが強気になるのはなぜか-ファイナンス理論、行動経済学(プロスペクト理論など)
  • ビットコインは便利モノか厄介モノか-応用ミクロ経済学、貨幣論、金融論
  • 統計学は"最強の学問"と言えるか-計量経済学、客観確率と主観確率
  • 選挙結果は事前にどのくらい予想できるか-計量経済学、情報学(ビッグデータ)
  • 五輪やW杯は開催国の経済のためになるか-マクロ経済学、開発経済学
  • 政府の「言うこと」を市場はどのくらい気にするか-マクロ経済学、経済原論、ゲーム理論と制度設計
  • 人はどのくらいおカネがあれば幸せと感じるか-計量経済学、行動経済学(金銭とインセンティブほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学的にありえない。
著作者等 佐々木 一寿
書名ヨミ ケイザイガクテキ ニ アリエナイ
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2015.2
ページ数 278p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-532-16952-7
NCID BB18382291
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22545828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想