タウト建築論講義

タウト [著] ; 沢良子 監訳 ; 落合桃子 訳

ブルーノ・タウトを、桂離宮を括弧に入れて、一人の稀有な建築思想家として見直す晩年の集大成。精細な考証による初版本の、決定版とも言える新訳・再構成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 建築とは何か
  • 2 プロポーション
  • 3 技術
  • 4 構造
  • 5 機能
  • 6 質
  • 7 社会、そしてその他の芸術との関係

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 タウト建築論講義
著作者等 Taut, Bruno
沢 良子
落合 桃子
タウト ブルーノ
書名ヨミ タウト ケンチクロン コウギ
書名別名 MİMARÎ BİLGİSİ
出版元 鹿島出版会
刊行年月 2015.3
ページ数 363p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-306-04620-7
NCID BB18371932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22553122
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 トルコ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想