弘法大師空海伝十三講

加藤精一 著

「人間空海」の感動的な人生に注目、史実にもとづき興味ある逸話の数々をひも解く意欲的書きおろし。現代日本の仏教界を代表する著者ならではの、堅実かつ斬新な「弘法大師空海論」!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 激動の前半生
  • 『三教指帰』に関する諸問題
  • 空海の生年について
  • 入唐、長安滞在をめぐって
  • 『中寿感興の詩』
  • 最澄(伝教大師)との道交を総括する
  • 高野山の開創と権実の論争
  • 『綜藝種智院式并に序』-千二百年前の教育論
  • 『秘密曼荼羅十住心論』と『秘蔵宝鑰』の関係
  • 『性霊集』の序文について
  • 中国における空海の評価
  • エピソード・アラカルト
  • 空海と外国人との交渉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弘法大師空海伝十三講
著作者等 加藤 精一
書名ヨミ コウボウ ダイシ クウカイ デン ジュウサンコウ : ソノ ショウガイ シソウ ノ ジュウヨウ カダイ ト エピソード
書名別名 その生涯・思想の重要課題とエピソード
出版元 大法輪閣
刊行年月 2015.3
ページ数 173p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8046-1371-0
NCID BB18364573
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22549277
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想