内子町のまちづくり

稲本隆壽, 鈴木茂 編著

全国でも先進的な試みとして40年前にスタートした内子町のまちづくり。歴史的町並み保存や産直市をはじめとしながら、これからの10年を見据え雇用創出・人口減少への取り組みが続けられている。住民主体のまちづくりと行政との協働による内子町の成功事例と、これからの地域活性化のための施策を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 内子町のまちづくりの歴史と特徴
  • 第2章 町並み保存運動
  • 第3章 町並み保存と内子座
  • 第4章 村並み保存運動
  • 第5章 高次元農業の推進
  • 第6章 内子フレッシュパークからり
  • 第7章 林業と山並み保存
  • 第8章 エコロジータウンの推進
  • 第9章 自治会レベルの計画行政
  • 第10章 小規模自治体の行財政運営

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 内子町のまちづくり
著作者等 稲本 隆壽
鈴木 茂
書名ヨミ ウチコマチ ノ マチズクリ : ジュウミン ト ギョウセイ ニ ヨル キョウドウ ノ マチズクリ ノ ジッセン
書名別名 住民と行政による協働のまちづくりの実践
出版元 晃洋書房
刊行年月 2015.3
ページ数 195p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7710-2605-6
NCID BB18364052
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22613537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想