死生学

岩崎大 著

失われた死の実感、「隠された死」の現場で苦脳する人々。死を問い自己を問う実践から、生の意味を照射する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 なぜ死を問うのか
  • 第1章 死生学の基礎づけ
  • 第2章 死の多様性と死生観
  • 第3章 死と感情
  • 第4章 実存思想における死の肯定
  • 第5章 「死への覚醒」の実践

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死生学
著作者等 岩崎 大
書名ヨミ シセイガク : シ ノ インペイ カラ ジコ カクシン ヘ
書名別名 Thanatology

Thanatology : 死の隠蔽から自己確信へ
出版元 春風社
刊行年月 2015.2
ページ数 418p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86110-438-1
NCID BB18363898
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22541667
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想