仏教文明の転回と表現

新川登亀男 編

前近代の日本、そしてアジアにもたらされた最大のグローバリゼーション-それを惹起したのは「仏教」であった。仏教という異文明との遭遇は、文字・言語、造形・技術、思想・宗教、世俗秩序等、あらゆる文明の展開と関わり、また、社会に共生と差異の可能性を胚胎させた。人類の歴史が経験してきた「仏教」という参照軸から、世界の形成と構築のメカニズムを考えるための百科全書的論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 文字・言語の翻訳と展開(パーリ仏典圏の形成-スリランカから東南アジアへ
  • 漢語仏典と中央アジアの諸言語・文字-中世イラン語、特にソグド語仏典の場合 ほか)
  • 第2部 文字・言語の書写と再生(正倉院文書と古写経-隅寺心経の基礎的観察
  • 古代日本の仏教説話と内典・外典-『日本霊異記』を中心に ほか)
  • 第3部 教理の解釈と転回(台密に見る密教の東漸-円仁撰『金剛頂経疏』の教学的特色を中心に
  • 龍女の復権-五障・転女成仏説への批判としての『法華経』龍女譚の再検討 ほか)
  • 第4部 仏教の造形化と浸透(敦煌壁画に見る八大菩薩像
  • 弥勒仏像の諸相と「仏教」の流伝-四川地域の造像を例に ほか)
  • 付録 天平改元以前の仏典・仏菩薩等一覧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仏教文明の転回と表現
著作者等 Groner, Paul
Whitman, John Bradford
中島 正
亀田 修一
于 春
劉 永増
吉田 豊
城倉 正祥
大久保 良峻
大橋 一章
大鹿 眞央
宮崎 健司
岩本 健寿
新川 登亀男
朱 慶之
河野 貴美子
肥田 路美
船山 徹
阮 麗
阿部 竜一
馬 之濤
馬場 紀寿
書名ヨミ ブッキョウ ブンメイ ノ テンカイ ト ヒョウゲン : モジ ゲンゴ ゾウケイ ト シソウ
書名別名 文字・言語・造形と思想
出版元 勉誠
刊行年月 2015.3
ページ数 655p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-585-21025-2
NCID BB18358479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22570712
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想