原子力発電と地方財政

井上武史 著

原子力発電所の立地によって、地域は「依存」ではなく「財政規律」と「制度改革」の両面から持続性を備え自立した財政構造の確立を進めていった。本書では、これまで見過ごされてきた立地地域の本当の姿を明らかにするとともに、電源三法交付金のあり方など東日本大震災後の新たなエネルギー政策に活かす方策を述べる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 原子力発電と地方財政の関係をあらためて問う
  • 第1章 原子力発電所の立地による地域の収入
  • 第2章 原子力発電所立地地域の財政に対する批判-増設の誘発
  • 第3章 原子力発電所増設の停滞-財政面からの考察
  • 第4章 原子力発電所立地市町村の歳出構造
  • 第5章 原子力発電所立地市町村の歳入構造
  • 第6章 原子力発電所立地市町村に求められる財政規律
  • 第7章 電源三法交付金と固定資産税(償却資産)の制度改革
  • 第8章 電源三法交付金と固定資産税(償却資産)の一体化による財政規律と制度改革の効果
  • 第9章 エネルギー政策の転換と電源三法交付金制度の岐路

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原子力発電と地方財政
著作者等 井上 武史
書名ヨミ ゲンシリョク ハツデン ト チホウ ザイセイ : ザイセイ キリツ ト セイド カイカク ノ テンカイ
書名別名 「財政規律」と「制度改革」の展開
シリーズ名 シリーズ原子力発電と地域 第2巻
出版元 晃洋書房
刊行年月 2015.3
ページ数 232p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7710-2594-3
NCID BB18348034
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22612188
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想