芸人という生きもの

吉川潮 著

かくも自由奔放で、かくも傍迷惑な芸の虫たちがいてくれる愉楽-。談志、志ん朝、小さん。あるいはマルセ太郎、前田隣、ショパン猪狩。はたまた島田正吾、緒形拳、勝新太郎、小沢昭一。そして小朝、市馬、昇太、談春…。綺羅星のような天才たちを間近に見てきた著者が、"芸"と"芸人"の間に横たわる秘密を鮮やかに描き出す「演芸人類学」入門篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(古今亭志ん朝
  • 柳家小さん(五代目)
  • 桂三木助(四代目) ほか)
  • 第2部(白山雅一
  • 前田隣
  • 波多野栄一 ほか)
  • 第3部(川柳川柳
  • 古今亭志ん駒
  • 林家木久扇・木久蔵 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芸人という生きもの
著作者等 吉川 潮
書名ヨミ ゲイニン ト イウ イキモノ
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2015.3
ページ数 227p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603765-8
NCID BB18337366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22556008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想