Calcium Pros and Cons

大内尉義, 三木隆己, 松本俊夫 編

[目次]

  • 椎体骨評価法QM対SQ
  • 粥状動脈硬化巣における石灰化はプラーク破裂に対して惹起因子か?保護的因子か?
  • 骨微細構造解析に骨組織検査は必要か?
  • ビタミンD欠乏/不足には活性型ビタミンD3か天然型ビタミンDか?
  • FRAXの臨床現場への応用
  • ビスホスホネート(BP)と顎骨壊死
  • CKDにおけるビタミンD治療は必要か
  • ビスホスホネート治療中の骨密度(BMD)モニタリングの必要性
  • 大腿骨頚部骨折に対する治療は骨接合術か、人工骨頭か
  • 人工股関節の耐用性と骨質の関係の有無
  • 代謝性骨疾患の鑑別診断に骨生検は必要か
  • ビスホスホネート長期投与の是非
  • 脊椎骨折判定は何で行うのがよいか-単純X線検査かMRI検査か
  • リン摂取の意義について
  • QUSは臨床診療に利用できるか?
  • 骨粗鬆症患者のQOLの評価にはどのような指標がよいか
  • 高齢者のカルシウム補充治療は有益か?
  • SSBT(severely suppressed bone turnover)は非定型大腿骨骨折に関与するか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Calcium Pros and Cons
著作者等 三木 隆己
大内 尉義
松本 俊夫
書名ヨミ カルシウム プロス アンド コンス : カルシウム タイシャ ケンキュウ ギロン ノ ヘンセン
書名別名 カルシウム代謝研究・議論の変遷

Karushiumu purosu ando konsu
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 2015.3
ページ数 195p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7532-2718-1
NCID BB18331472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22551132
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想