シリーズ日本人と宗教  4 (勧進・参詣・祝祭)

島薗進, 高埜利彦, 林淳, 若尾政希 編

本巻は、近世に流行した寺社参拝・聖地巡礼に焦点をあて、近代にいたる宗教に対する民衆側の意識とそれに応じる宗教者の動向を詳細に論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 勧進と霊場
  • 第1章 本山・本所・頭支配の勧進の宗教者
  • 第2章 寺社参詣と「寺社の名所化」-中世後期から近世へ
  • 第3章 霊場の形成と御師の活動-越中立山に見る加賀藩と立山衆徒
  • 第4章 都市における富くじ・開帳・祭礼
  • 第5章 近世後期の勧進・施行と祝祭-おかげ参り/おかげ踊り/「ええじゃないか」
  • 第6章 教派神道と宗教者・芸能者
  • 第7章 巡礼の近代化-金毘羅参りを例に
  • 第8章 創られた聖地-「鎮守の森」をめぐる構造転換と景観改造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シリーズ日本人と宗教
著作者等 島薗 進
林 淳
若尾 政希
高埜 利彦
書名ヨミ シリーズ ニホンジン ト シュウキョウ : キンセイ カラ キンダイ エ
書名別名 Religion and the Japanese

Religion and the Japanese : 近世から近代へ
巻冊次 4 (勧進・参詣・祝祭)
出版元 春秋社
刊行年月 2015.3
ページ数 273p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-393-29944-9
NCID BB18313459
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22585604
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想