世界が見た福島原発災害  4 (アウト・オブ・コントロール)

大沼安史 著

3.11から4年…安倍政権は福島原発事故が「アンダー・コントロール」されていると世界に宣言して、東京オリンピックの誘致に成功した。しかし事態は深刻化するばかり。日本のマスコミは、ほとんどその事実を伝えていない。米原子力規制委員会の水蒸気爆発=核臨界爆発説、米空母「ロナルド・レーガン」水兵の洋上被曝・集団訴訟など、世界では真相究明と被曝補償を求める声が強まる一方、汚染水の海洋投棄を含む事故の長期化と被害の拡大が大問題になっている。日本ではいまだ知られざる新事実の集成-海外メディアが報じた、隠蔽できない真実…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 終わらせないためのプロローグ
  • 第1章 東京オリンピック
  • 第2章 「安心神話」
  • 第3章 白い雪
  • 第4章 洋上被曝
  • 第5章 水蒸気爆発
  • 第6章 核のテロリズム
  • 第7章 フクシマ・ファシズム
  • 始まりのためのエピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界が見た福島原発災害
著作者等 大沼 安史
書名ヨミ セカイ ガ ミタ フクシマ ゲンパツ サイガイ
書名別名 Fukushima in World News
巻冊次 4 (アウト・オブ・コントロール)
出版元 緑風
刊行年月 2015.3
ページ数 358p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8461-1503-6
NCID BB18302893
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22548603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想