幻の五大美術館と明治の実業家たち

中野明 [著]

大倉集古館、大原美術館、根津美術館など、実業家の蒐集品を展示する人気美術館は多い。その一方で、設立の夢を果たせなかった美術館があったことをご存知だろうか。本書はそれを、「幻の美術館」と呼ぶ。紹介する五館は、質量ともに十分なコレクションを所蔵。蒐集した実業家たちも公開をめざしていた。頓挫した背景にはいかなる事情があったのか?夢が叶っていたら、どんな美術館になっていたのか?わずかに残されていた貴重な資料をたどり、その全貌を明らかにする。美術・歴史愛好家、垂涎の一冊!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ(大倉喜八郎と大倉集古館
  • 藤田伝三郎と藤田美術館
  • 根津嘉一郎と根津美術館
  • 「幻の美術館」に終わった人たち)
  • 第1章 大茶人 益田孝と小田原掃雲台「鈍翁美術館」(三井の大番頭・益田孝
  • 大茶人で希代の美術品収集家
  • 井上馨との出会い ほか)
  • 第2章 生糸王 原富太郎と横浜三之谷「三溪美術館」(古建築のテーマパーク
  • 原家の入り婿
  • 原商店から合名会社へ ほか)
  • 第3章 造船王 川崎正蔵と神戸布引「川崎美術館」(高橋箒庵の神戸行き
  • 川崎正蔵の鳴かず飛ばずの前半生
  • 造船業ブームの波に乗る川崎正蔵 ほか)
  • 第4章 勝負師 松方幸次郎と東京麻布「共楽美術館」(林権助の言葉
  • 株式会社川崎造船所の初代社長に就任
  • 第一次世界大戦の勃発と大造船ブーム ほか)
  • 第5章 美術商 林忠正と東京銀座「近代西洋美術館」(希代の画商・林忠正
  • 起立工商会社の臨時通訳としてパリへ
  • フランスで巻き起こった浮世絵ブーム ほか)
  • エピローグ(彼らの美術館はなぜ幻に終わったのか
  • 幻の美術館に残る未練)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幻の五大美術館と明治の実業家たち
著作者等 中野 明
書名ヨミ マボロシ ノ ゴダイ ビジュツカン ト メイジ ノ ジツギョウカタチ
シリーズ名 祥伝社新書 407
出版元 祥伝社
刊行年月 2015.3
ページ数 301,6p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-396-11407-7
NCID BB18299799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22545967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想