原子・原子核・原子力

山本義隆 著

原子・原子核について基礎から学び、原子力について理解を深めるために、科学上の発見や研究の発展を歴史的にたどりながら、ていねいに解説する、物理学の入門書。福島原発の事故以来、後の世代にとてつもなく大きな負債をつくってしまった我々に何ができるか、問い続けてきた著者が、2013年に駿台予備学校千葉校で行なった記念講演(開校20周年、ボーア原子模型100周年)に基づくもので、やさしい語り口で記される。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 原子論のはじまり(化学原子論
  • 歴史的な語りについて
  • 力学のおさらい ほか)
  • 第2章 イオンと電子の発見(重力をめぐって
  • 電磁気学の初歩
  • 電気分解の法則 ほか)
  • 第3章 X線と放射線の発見(レントゲンとX線の発見
  • ベクトルとキュリー夫妻
  • 放射線をめぐって ほか)
  • 第4章 アインシュタインと光子仮説(光電効果をめぐって
  • 放射線のエネルギー
  • 光子の波動性と粒子性 ほか)
  • 第5章 原子モデルをめぐって(有核原子
  • 原子の古典モデルとその問題点
  • ボーアの原子モデル ほか)
  • 第6章 原子核について(放射性元素の崩壊
  • 核物理学のはじまり
  • 核力と核エネルギー ほか)
  • 第7章 原爆と原発(原子爆弾について
  • 原発の事故について
  • 使用済み核燃料の問題 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原子・原子核・原子力
著作者等 山本 義隆
書名ヨミ ゲンシ ゲンシカク ゲンシリョク : ワタシ ガ コウギ デ ツタエタカッタ コト
書名別名 わたしが講義で伝えたかったこと

Genshi genshikaku genshiryoku
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.3
ページ数 241p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-005329-7
NCID BB18292494
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22570087
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想