被曝評価と科学的方法

牧野淳一郎 著

原発事故後、行政や研究機関からデータそのものは発表されても、その解釈が被害を過小にみせる方向にゆがんでいる例が多数ある。公式発表はどのようにゆがんでいるのか、そして、データはどのように読み解くべきなのか。発表や報道を鵜呑みにするのではなく、不十分なデータからでも科学的にいえることを導き出すために、自ら計算し確認する方法を読者に示す。好評を得た『原発事故と科学的方法』の著者による第2弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 過小評価の論理-鼻の被曝について
  • 第2章 チェルノブイリでの甲状腺がん-公式発表の前提と私たちに必要な情報とのちがい
  • 第3章 チェルノブイリでの甲状腺がん以外の健康被害-既存のリスク係数よりも大きすぎるからありえない?
  • 第4章 甲状腺がん発生に「地域差はない」のか?-県民健康調査からみえること1
  • 第5章 被曝量推定は信頼できるのか?-県民健康調査からみえること2
  • 第6章 これからどうなるかを考える
  • 第7章 まとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 被曝評価と科学的方法
著作者等 牧野 淳一郎
書名ヨミ ヒバク ヒョウカ ト カガクテキ ホウホウ
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 236
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.3
ページ数 124p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029636-6
NCID BB1829163X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22570705
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想