参加型アクションリサーチ〈CBPR〉の理論と実践

武田丈 著

「コミュニティと恊働する」リサーチへ。調査されるコミュニティの人びとが満足できる形で調査成果を還元するため、さまざまな参加型リサーチの方法を体系的にまとめたCBPR。歴史や理論的背景を紹介し、具体的なツールの活用方法と実践例の検証から、CBPRのもつ力を立証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • CBPRとは何か
  • 第1部 CBPRの理論(参加型のリサーチの歴史と類型
  • CBPRの特徴
  • コミュニティの参加と科学的厳格さ
  • CBPRの研究パラダイム
  • CBPRのアクション)
  • 第2部 CBPRの方法(CBPRの中でよく用いられる参加型手法
  • PLAツール
  • フォトボイス
  • 新QC七つ道具)
  • 第3部 CBPRの実践(PLAツールを活用して組織を改善する
  • フォトボイスによってコミュニティ改善のアクションを生み出す
  • フォトボイスによってアドボカシー活動を展開する
  • 新QC七つ道具を活用して政策立案や組織改革をめざす)
  • CBPRの普及のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 参加型アクションリサーチ〈CBPR〉の理論と実践
著作者等 武田 丈
書名ヨミ サンカガタ アクション リサーチ シービーピーアール ノ リロン ト ジッセン : シャカイ ヘンカク ノ タメ ノ ケンキュウ ホウホウロン
書名別名 社会変革のための研究方法論
シリーズ名 関西学院大学研究叢書 第168編
出版元 世界思想社
刊行年月 2015.3
ページ数 258p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7907-1658-7
NCID BB18283915
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22567360
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想