生と死を考える

宇都宮輝夫 編著

[目次]

  • 第1章 人生の受容との受容-老いゆく人生に向かいあいて気張りもせず絶望もせず
  • 第2章 わずかばかりの勇気もて、死を迎えるを得ば-受容と絶望のはざまで死への道を求めて
  • 第3章 生まれて愛して死んでゆく、なんの不服があろうか-生の意味の根底を求めて
  • 第4章 死生観を学ぶこと、生死への勇気を得ること
  • 第5章 死を前にした人への心のケア-スピリチュアル・ケアと宗教
  • 第6章 死別によって生に意味を見失う-立ち直る力
  • 第7章 生と死を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生と死を考える
著作者等 宇都宮 輝夫
書名ヨミ セイ ト シ オ カンガエル : シュウキョウガク カラ ミタ シセイガク
書名別名 宗教学から見た死生学
シリーズ名 北大文学研究科ライブラリ 8
出版元 北海道大学出版会
刊行年月 2015.3
ページ数 240,2p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8329-3390-3
NCID BB1827810X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22579872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想