なぜ『三四郎』は悲恋に終わるのか

石原千秋 著

夏目漱石『三四郎』『それから』、田山花袋『蒲団』、森鴎外『雁』、川端康成『雪国』、三島由紀夫『春の雪』…近代文学の名作の多くが「悲恋小説」なのはなぜなのか。著者は哲学者ジャック・デリダが用いた「誤配」という概念を鍵にしてそれらを再解釈する。そして「恋愛」というテーマに留まらない、近代文学と現代文学との間に横たわる大きな断層を見出す。早稲田大学の人気教授が、あの名作に隠された秘密を、全く新しい読み方によって明らかにする一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 悲恋小説作家・夏目漱石
  • 第2章 作家の闘争・田山花袋『蒲団』
  • 第3章 読者の恋・森鴎外『雁』
  • 第4章 誰がシャッターを切ったのか・武者小路実篤『友情』
  • 第5章 読まれなかった手紙・志賀直哉『暗夜行路』
  • 第6章 スターの条件・谷崎潤一郎『痴人の愛』
  • 第7章 それを愛と呼んでもいい・川端康成『雪国』
  • 第8章 この甘ったれた若者・石原慎太郎『太陽の季節』
  • 第9章 優雅なニヒリストたち・柴田翔『されどわれらが日々-』
  • 第10章 空虚な中心・三島由紀夫『春の雪』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ『三四郎』は悲恋に終わるのか
著作者等 石原 千秋
書名ヨミ ナゼ サンシロウ ワ ヒレン ニ オワル ノカ : ゴハイ デ ヨミトク キンダイ ブンガク
書名別名 「誤配」で読み解く近代文学
シリーズ名 集英社新書 0776
出版元 集英社
刊行年月 2015.3
ページ数 198p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720776-7
NCID BB18274572
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22548112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想