築何年?

国立歴史民俗博物館, 坂本稔, 中尾七重 編

歴史的建造物の年代調査に、炭素14年代法が大きな成果をあげるようになった。最新の測定法の原理から、宮島や鞆の浦の町家、鑁阿寺本堂など実際の事例、年輪年代法などとの相互検証まで、年代研究の最前線へと誘う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古建築と炭素14年代法(古民家の14C年代研究
  • 古民家部材のはかり方)
  • 2 年代研究への応用(民家編年と測定年代-宮島・鞆の浦の町家
  • 東北最古級の民家-滝沢本陣横山家住宅主屋および本陣座敷の建築年代に関連して
  • 柱刻銘は弘安九年 国宝大善寺本堂
  • 鑁阿寺本堂にみる中世寺院建築の重層性)
  • 3 年代研究の可能性(討論・質疑)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 築何年?
著作者等 中尾 七重
国立歴史民俗博物館
坂本 稔
書名ヨミ チク ナンネン : タンソ デ シラベル コケンチク ノ ネンダイ ケンキュウ
書名別名 炭素で調べる古建築の年代研究

Chiku nannen
シリーズ名 歴博フォーラム
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2015.3
ページ数 185p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-08270-9
NCID BB18268671
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22546661
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想