古代歌謡とはなにか

古橋信孝, 居駒永幸 編

研究史を振り返り自分たちの位置を確かめることが新たな方法を導く。古代歌謡を中心とした文学の戦後研究史、「歌謡と和歌」「民謡」「童謡」「時人」の各研究史をまとめ、歌謡研究を概観している用語解説を収録。琉球、万葉と周辺を抱え込み、新たな視角を模索し、表現論と作品論を、連続し関連する課題として究明する21編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 歌謡の生態
  • 2 歌謡と物語(歴史・神話)
  • 3 歌謡から和歌へ
  • 4 対論 歌謡の人称
  • 5 研究史
  • 6 歌謡研究概観
  • 7 古代歌謡研究会記録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代歌謡とはなにか
著作者等 古橋 信孝
居駒 永幸
石川 久美子
書名ヨミ コダイ カヨウ トワ ナニカ : ヨム タメ ノ ホウホウロン
書名別名 読むための方法論
出版元 笠間書院
刊行年月 2015.2
ページ数 426,35p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-305-70756-7
NCID BB18268616
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22540848
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想