日本の哲学をよむ

田中久文 著

模範としてきた西洋近代の諸理念に根本的な危機が訪れた1930年代、この国でも初めて独自の哲学が生み出されていく。それは、「イデア」「神」「理性」といった形而上学的原理によって世界を根拠づける試みを徹底的に批判する、「無」の哲学であった。西田幾多郎・田辺元・和辻哲郎・九鬼周造・三木清ら、「京都学派」の哲学の全体像をわかりやすく説く、入門書の決定版。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の哲学をよむ
著作者等 田中 久文
書名ヨミ ニホン ノ テツガク オ ヨム : ム ノ シソウ ノ ケイフ
書名別名 「無」の思想の系譜
シリーズ名 ちくま学芸文庫 タ44-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.3
ページ数 327p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09664-7
NCID BB18260749
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22554992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想