人びとはなぜ満州へ渡ったのか

小林信介 著

貧しさだけが移民の要因ではない。一般開拓団、青少年義勇軍ともに全国一多く送出した長野県は、社会運動の激しさでも際立っていた。経済要因では説明できない移民へいたる人びとの営みを、社会運動弾圧の影響や地縁などの視点から問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 満州農業移民の展開と長野県(満州農業移民の時期的展開
  • 一般開拓団の送出と経済更生運動
  • 長野県教育界における信濃教育会
  • 小括)
  • 第2章 一般開拓団の送出における経済要因の再検討(送出分布と経済指標
  • 事例村における送出理由
  • 個別の渡満理由
  • 小括)
  • 第3章 青少年義勇軍の送出と信濃教育会(青少年義勇軍送出の要因
  • 信濃教育会の「海外発展」思想
  • 二・四事件と信濃教育会
  • 小括)
  • 第4章 社会運動の軌跡と移民の送出(昭和恐慌下の農民運動と教員運動
  • 二・四事件の発生と展開
  • 社会運動と移民事業の相関
  • 小括)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人びとはなぜ満州へ渡ったのか
著作者等 小林 信介
書名ヨミ ヒトビト ワ ナゼ マンシュウ エ ワタッタ ノカ : ナガノケン ノ シャカイ ウンドウ ト イミン
書名別名 長野県の社会運動と移民

Hitobito wa naze manshu e watatta noka
シリーズ名 金沢大学人間社会研究叢書
出版元 世界思想社
刊行年月 2015.3
ページ数 209p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7907-1657-0
NCID BB18259477
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22567410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想