天下泰平の時代

高埜利彦 著

戦乱止み、文化の花開く泰平の世へ。家綱・綱吉から吉宗を経て家治まで、一七世紀半ばからの百年余をみる。安定には安定のための仕組みがある。武威重視の価値観を転換する、どのような政策が打ち出されたのか。新田開発や流通網の整備、歌舞伎・相撲などの娯楽の広がり、朝鮮や琉球との往来など、躍動する時代を存分に描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 東アジアの動乱と平和の訪れ
  • 第2章 江戸幕府の権力機構
  • 第3章 新たな価値観の創出
  • 第4章 豊かな経済、花ひらく文化
  • 第5章 「構造改革」に挑む-享保の改革
  • 第6章 転換期の試み-田沼時代
  • おわりに-格差社会の広がり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天下泰平の時代
著作者等 高埜 利彦
書名ヨミ テンカ タイヘイ ノ ジダイ
シリーズ名 シリーズ日本近世史 3
岩波新書 新赤版 3
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.3
ページ数 223,21p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431524-7
NCID BB18258306
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22554034
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想