植民地事業持株会社論

柴田善雅 著

東拓・南興・南拓・台拓・揮発の平時から戦時にわたる植民地内外の関係会社投資を中心に分析する。新たな資料発掘に基づき植民地事業持株会社の全体像を提示。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 植民地事業持株会社研究の課題
  • 第1章 戦時体制前東洋拓殖株式会社の事業持株会社活動
  • 第2章 日中戦争期東洋拓殖株式会社の事業持株会社活動
  • 第3章 アジア太平洋戦争期東洋拓殖株式会社の事業持株会社活動
  • 第4章 南洋興発株式会社と南洋拓殖株式会社の事業持株会社活動
  • 第5章 日中戦争期台湾拓殖株式会社の事業持株会社活動
  • 第6章 アジア太平洋戦争期台湾拓殖株式会社の事業持株会社活動
  • 第7章 樺太開発株式会社の事業持株会社活動
  • 終章 植民地事業持株会社体制の終焉と結語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植民地事業持株会社論
著作者等 柴田 善雅
書名ヨミ ショクミンチ ジギョウ モチカブ ガイシャロン : チョウセン ナンヨウ グントウ タイワン カラフト
書名別名 朝鮮・南洋群島・台湾・樺太

Shokuminchi jigyo mochikabu gaisharon
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2015.2
ページ数 660p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2359-4
NCID BB18238036
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22550066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想