近代の超克

鈴木貞美 著

近代の成立から現代に至る思想潮流を総括し爾今の展望を拓く画期的労作!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 いま、何を問うべきか(地球環境危機とグローカリゼーションおなかで
  • 「近代」という概念
  • 戦後日本における「近代の超克」の問われ方)
  • 第1章 近代化と「近代の超克」思想(欧米における近代化と「近代の超克」
  • エネルギー、科学技術と「近代の超克」)
  • 第2章 日本の近代化と「近代の超克」(日本の近代化をめぐって
  • 「近代の超克」思想の発生)
  • 第3章 「東亜協同体」論から「大東亜共栄圏」構想へ(思想史の分水嶺
  • 「東亜協同体」論
  • 京都学派『世界史的立場と日本』とその周辺
  • 『文学界』座談会とその周辺)
  • 第4章 戦時期「近代の超克」をめぐる論議(竹内好「近代の超克」再考
  • 子安宣邦が正面したもの
  • 矢野暢の世紀末)
  • 第5章 丸山真男の「近代の超克」論(思想史の方法
  • 「通奏低音」論の根拠
  • 歴史意識の「古層」)
  • 第6章 廣松渉による「近代の超克」(廣松渉にとっての「近代の超克」
  • 未完のマルクス主義哲学
  • マルクス主義の可能性)
  • 第7章 「近代の超克」問題を立てなおす(「近代の超克」思想史を拓く
  • 今日の生命観
  • 生命、エネルギー、情報
  • いま、われわれにできること)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代の超克
著作者等 鈴木 貞美
書名ヨミ キンダイ ノ チョウコク : ソノ センゼン センチュウ センゴ
書名別名 その戦前・戦中・戦後
出版元 作品社
刊行年月 2015.2
ページ数 574p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86182-524-8
NCID BB18235060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22544363
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想