人間の発達と博物館学の課題

鷹野光行, 青木豊, 並木美砂子 編

人が学び、成長していく過程で、博物館にできることは何か。博物館と教育の関わりを軸に、研究の現状と未来を展望すべく、博物館学の最前線を担う21人の執筆陣が紡ぐ論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 学芸員養成を考える(学芸員課程の運営
  • 博物館実習に関する課題と展望)
  • 第2章 博物館教育を考える(博物館における教育としての展示の必要性
  • 博物館と教育そして社会における役割-ジョージ・E・ハインの来日講演から ほか)
  • 第3章 博物館と博物館学の歴史をめぐって(兼常清佐の洋行記録にみる音楽博物館論-『音樂巡礼』を中心に
  • 東京女子高等師範学校附属小学校の児童博物館に関する再考察-作業教育の実践の場としての存在意義 ほか)
  • 第4章 博物館の運営(「西安市民営博物館評価規則」からみる私立博物館経営の一考察
  • 公立博物館をNPOが経営する成果と課題-指定管理者のNPO運営館を直営期と比較する ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間の発達と博物館学の課題
著作者等 並木 美砂子
青木 豊
鷹野 光行
井上 裕太
書名ヨミ ニンゲン ノ ハッタツ ト ハクブツカンガク ノ カダイ : シンジダイ ノ ハクブツカン ケイエイ ト キョウイク オ カンガエル
書名別名 新時代の博物館経営と教育を考える
出版元 同成社
刊行年月 2015.2
ページ数 379p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88621-687-8
NCID BB1822975X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22549094
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想