日本古代地域編成史序説

関口功一 著

[目次]

  • 組織的開発の進展と地域編成の萌芽
  • 「四道将軍」の派遣
  • 『日本書紀』景行天皇紀と「東国」
  • ヒコサシマ・ミモロワケと東国の「蝦夷」
  • 「物部」の地域的展開
  • 「蘇我」氏(・上宮王家)の地域的展開
  • 東国の「国造」領域の分割
  • 初期の律令制的地域再編成
  • 広域行政圏としての「東山道」
  • 「廃置国郡」の意味
  • 東山道北辺(陸奥・出羽)地域と東国
  • もうひとつの広域行政区分
  • 「廃置国郡」の変質過程
  • 「条」について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本古代地域編成史序説
著作者等 関口 功一
書名ヨミ ニホン コダイ チイキ ヘンセイシ ジョセツ
シリーズ名 古代史研究叢書 9
出版元 岩田書院
刊行年月 2015.3
ページ数 425p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87294-896-7
NCID BB18227925
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22549374
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想