発酵食品の科学

坂本卓 著

古くから世界中で食されてきた発酵食品は微生物の力で保存性はもちろん、味や栄養も高めることができる、まさに人類の食の叡智です。日本人におなじみの麹菌のはたらきから多種多様な発酵食品まで、微生物たちが醸し出す世界を見てみましょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 微生物の力と食品への利用
  • 第2章 日本の固有菌、麹菌のふしぎ
  • 第3章 日本の伝統的な発酵食品と発酵のメカニズム
  • 第4章 日本の漬け物
  • 第5章 世界の発酵食品
  • 第6章 酒と造りのメカニズム
  • 第7章 発酵の貢献および発酵食品と美容・健康

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発酵食品の科学
著作者等 坂本 卓
書名ヨミ ハッコウ ショクヒン ノ カガク
書名別名 Hakko shokuhin no kagaku
シリーズ名 おもしろサイエンス
B&Tブックス
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 2015.2
版表示 第2版
ページ数 167p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-526-07376-2
NCID BB18226897
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22542402
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想