日本古代の自他認識

田中聡 著

[目次]

  • 第1部 「夷人」的関係から「夷狄」身分へ(夷人論-律令国家形成期の自他認識
  • 隼人・熊襲観念の形成と受容
  • 隼人・南島と律令国家-南方の国制施行
  • 古代の南方世界-流球の実態と観念)
  • 第2部 「夷狄」観念の変容(日本古代「夷狄」通史-蝦夷と隼人・南島の社会
  • 民夷を論ぜず-九世紀の蝦夷認識
  • 元慶戦争の歴史的意義
  • 九・一〇世紀の東北アジア情勢と蝦夷社会の変容)
  • 補論(佐渡島をめぐる古伝彰-「禹武邑」の比定地について
  • 夷狄論の過去と現在-日本古代における自他の境界)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本古代の自他認識
著作者等 田中 聡
書名ヨミ ニホン コダイ ノ ジタ ニンシキ
出版元 塙書房
刊行年月 2015.3
ページ数 419,19p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8273-1273-7
NCID BB18226773
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22561476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想