入門犯罪心理学

原田隆之 著

近年、犯罪心理学は目覚ましい発展を遂げた。無批判に信奉されてきた精神分析をはじめ実証性を欠いた方法が淘汰され、過去の犯罪心理学と訣別した。科学的な方法論を適用し、ビッグデータにもとづくメタ分析を行い、認知行動療法等の知見を援用することによって、犯罪の防止や抑制に大きな効果を発揮する。本書は、これまで日本にはほとんど紹介されてこなかった「新しい犯罪心理学」の到達点を総覧する。東京拘置所や国連薬物犯罪事務所などで様々な犯罪者と濃密に関わった経験ももつ著者が、殺人、窈盗、薬物犯罪、性犯罪などが生じるメカニズムを解説し、犯罪者のこころの深奥にせまる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 事件
  • 第2章 わが国における犯罪の現状
  • 第3章 犯罪心理学の進展
  • 第4章 新しい犯罪心理学
  • 第5章 犯罪者のアセスメントと治療
  • 第6章 犯罪者治療の実際
  • 第7章 エビデンスに基づいた犯罪対策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門犯罪心理学
著作者等 原田 隆之
書名ヨミ ニュウモン ハンザイ シンリガク
シリーズ名 ちくま新書 1116
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.3
ページ数 241,4p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06824-8
NCID BB18216587
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22570102
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想