西洋政治思想史講義

小野紀明 著

精神史としての思想史-それは哲学、文学から美術、音楽、科学にいたるまで、人間の営みを総体として捉え、その時代の心的連関、時代精神に肉薄しようと試みる。それはまた、真に"他者"を理解することの意味を探究し、政治的思考の新たな可能性とその在りかを指し示そうとする。古典古代からポストモダニズムまで、人間と、その存在そのものが必然的に孕まざるを得ない政治性を問い、自己と他者の共同性の確認という「地平の融合」をめざして白熱する講義は、聴講する多くの学生を魅了した。神戸大学、京都大学両法学部で行われた講義の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 政治思想史の課題と方法-精神史としての政治思想史(「政治」=自己と他者との関係の秩序化
  • 「精神史」=時代の雰囲気)
  • 古代ギリシア精神史(自己の成立/他者の成立-「政治」の誕生
  • ギリシア悲劇の政治思想-「第二の政治」の誕生
  • 合理主義の諸相-政治哲学の誕生
  • 内面への逃避-ヘレニズム期精神史)
  • キリスト教中世精神史(信仰と理性
  • 中世の秋
  • 中世末期の精神史的特質)
  • 近代の胎動-ルネサンスからバロックへ(イタリア・ルネサンス-「自然と人間の発見」
  • 北方ルネサンス
  • バロック精神史)
  • イギリス自由主義の成立と展開(ホッブス
  • ロック
  • スコットランド啓蒙
  • 功利主義)
  • 転回-ルソー(実存的問題意識
  • 社会・政治思想
  • 「夢想」の世界)
  • 19世紀ドイツ精神史(古典主義とロマン主義
  • 観念論哲学
  • マルクス)
  • 20世紀精神史への転回-ニーチェ(ロマン主義からの出発と決別
  • 既存の価値の批判)
  • 「実在」の探求(「モデルネ」の芸術
  • 文化ペシミズム)
  • 存在論的転回-ハイデガー(両義性の哲学
  • 政治的関与-ハイデガーにおける「政治的なもの」)
  • 戦後精神史(言語論的転回-ソシュールとウィトゲンシュタイン
  • 20世紀マルクス主義-ルカーチとアドルノ
  • フランス実存主義-サルトルとメルロ=ポンティ
  • 構造主義とポストモダニズム-レヴィー=ストロースとデリダ)
  • 「存在」の耐えられない軽さ?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西洋政治思想史講義
著作者等 小野 紀明
書名ヨミ セイヨウ セイジ シソウシ コウギ : セイシンシテキ コウサツ
書名別名 精神史的考察
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.2
ページ数 510p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-061017-9
NCID BB18214424
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22549946
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想