日本とドイツの気候エネルギー政策転換

渡邉理絵 著

パラダイム転換はどのようにして起こるのか。日独の気候エネルギー政策の比較事例研究を通じてそのメカニズムに迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 気候変動問題の歴史的背景
  • 日本における気候エネルギー政策転換
  • ドイツにおける気候エネルギー政策転換
  • 日本とドイツのアクターの理念
  • ドイツにおける排出量取引制度の導入事例
  • 日本とドイツの気候エネルギー政策転換:パラダイム転換のメカニズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本とドイツの気候エネルギー政策転換
著作者等 渡邉 理絵
書名ヨミ ニホン ト ドイツ ノ キコウ エネルギー セイサク テンカン : パラダイム テンカン ノ メカニズム
書名別名 Climate and Energy Policy Changes in Japan and Germany

Climate and Energy Policy Changes in Japan and Germany : パラダイム転換のメカニズム

Nihon to doitsu no kiko enerugi seisaku tenkan
出版元 有信堂高文社
刊行年月 2015.2
ページ数 386p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8420-5571-8
NCID BB18212837
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22545117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想